dovinbowcraft トップビルダーへの道

北海道発信 ハンドメイドミノーの紹介と釣行記

welcome

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カラフト地獄  

DSCN0182.jpg 
 8月22日。急遽決まった渚滑川釣行。
 長年の釣り仲間、S氏の誘いに尻尾をフリフリ
 同行することに。
 フライの使い手であるS氏とは今年初めての釣行。
 今回は地球侵略を目論むフライ星人と正義の味方
 ルアーマンとの釣り対決と言ったところか(笑
 朝6時。大雄橋より入川。
 約二ヶ月ぶりの渚滑川。あまり冒険はできず、
 無難な場所を選択することに。
 9月も既に後半。麗しの腐敗臭立ち込める
 渚滑川に降り立つ。
 先ずは小手調べ。橋の下から下流へ続く平瀬に
 何度かクロスキャスト。
 いきなりの強い引きに心躍るも、何が釣れたのか
 をすぐに悟り意気消沈。
 案の定、顔を出したのは50オーバーのカラフトマス。
 鼻を突く腐敗臭の犯人は『あぁ~もう出そう・・・
 どこにかけて欲しい?』『卵にかけて~』でお馴染
 の大仕事を終え、生涯に幕を閉じたカラフトくんたち
 の死骸・死骸・死骸。
 川岸付近にいくつもの死骸が虚ろな目をして
 横たわっていました。
 そんな中、まだまだ元気なカラフトくんもいる訳で
 『sarasvati』に食いついてくれたのです。
 無駄な体力を使わせてしまった申し訳なさと感謝を
 込めて優しくリリース。



DSCN0189.jpg
 しばらくアタリが無いまま下流へと移動
 しつつポイントを探索。
 すると不覚にもまたカラフトマスがヒット。
 緩やかな瀬はカラフトだらけ。
 深場はもともとアテにしていない。
 ここは流れの速い場所に徹するのが得策。
 落ち込みや荒瀬、流心へのダウン攻撃と
 言ったところか。
 『sarasvati』の得意分野~。
 改良後のリップ強度の確認にも丁度いい。
 まずは荒瀬を丹念に探索。
 しかしアタリなし(泣
 荒瀬の向こうに落ち込みあり。
 さっそく移動し、キャスティング。
 何投目かでようやくヒット。うひょ~。
 若干スリムな30オーバーのニジマス。
 『sarasvati』の尻尾をしっかりと
 食ってくれました。
 その後、ポイントを移動しつつ、ダウン
 に終始。30弱のニジマスを5匹追加。
 この時期としては上出来と納得したい
 ところです。
 
 
 




DSCN0192.jpg 
 そして最後を飾ってくれたのはC&R区間では
 お初のアメマス36cm。
 10年以上渚滑川に通ってますが、ここで
 アメマスが釣れるとは思いませんでした。
 結局、この日はカラーチェンジすることなく
 ダークイエロー/オレンジの一本で釣行。
 荒い場所でのダウンを繰り返しましたが、
 リップはびくともしませんでした。
 今後の製作に自信がついた一日でした。
 さて、フライ星人VSルアーマンの勝負。
 結果は6対6の引き分けでした。
 元々、対決などしてませんが(笑
 
 今回の釣果 ニジマス6匹。
         カラフトマス2匹。
         アメマス1匹。
 使用ルアー 『sarasvati60』ダークイエロー/オレンジ

 まぁ、色々なルアーを使えばもっと釣れる
 のでしょうがそれでは意味が無いもんで。
 ではでは~。

 ※今回釣行した場所はシングルフックの使用、
 C&Rを前提に一定期間内、釣りが許可されて
 いる場所です。
 通常、禁漁種の写真が掲載されていますので、
 今後、誤解されぬよう気をつけながら運営して
 いきます。宜しくお願いします。

  にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
   にほんブログ村

  GyoNetBlog ランキングバナー
 
 
 
 
 
 
 
  

 
 
 

category: 釣行記

thread: ルアーフィッシング - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 4

コメント

密漁者めリリースすればいいという問題じゃない

URL | 北海道公安 #-
2012/09/24 12:32 | edit

コメントありがとうございます。
それぞれに解釈はあると思いますが、私は目的種以外が
釣れた場合、リリースすれば大丈夫だと認識しております。
勿論、禁漁区域や全面禁漁河川以外の話ですが。
滝上町はホームページで渚滑川の状況を毎日発信してくれる程
この川での釣りを推奨しています。
毎年、ニジマスを放流し、キャッチ&リリース区間を設けて
資源枯渇にも努めている素晴らしい川です。
私もその理念に賛同し、この川に通う一人です。
当然、目的はニジマスです。
C&R区間でカラフトマスを狙う馬鹿は私を含め、周りにはいません。
唯一、非を認めるならば、基本、禁漁である魚種を釣ったことを
公表してしまったことでしょうか。
しかし、公表するしないに関係なく釣れてしまうのは事実です。
今後も公表はするつもりです。
このようなコメントを頂くことで戒めにもまります。
たとえリリースしたとしても相当な体力を消耗させたのは事実です。
北海道公安さん。あなたは釣りをされますか?
もしされるのなら目的種だけを釣る神業を教えてください。
毎回ふざけた文章ですが、私なり気を使って釣りはしています。
密猟者呼ばわりされる憶えはありませんよ(笑
今後も何卒宜しくお願い申し上げます。ではでは~

URL | dovinbowcraft #-
2012/09/24 15:58 | edit

法律は自分勝手に解釈してはいけませんよ。
判例を見ましょう。
禁漁の魚が釣れるのは必然、というのであれば法改正を自ら求めましょう。
悪法も法なり。
日本は治安国家ですよ。

URL |  #-
2012/09/24 16:17 | edit

読者の皆さまへ

これ以上、議論するつもりはございません。
貴重な意見は今後の参考にさせて頂きます。
尚、この件に関するコメント書き込みは、以後ご遠慮ください。
賛否に関らず削除することをご了承ください。ではでは~

URL | dovinbowcraft #-
2012/09/24 19:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://dovinbowcraft.blog41.fc2.com/tb.php/72-437cfcad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。