FC2ブログ

dovinbowcraft トップビルダーへの道

北海道発信 ハンドメイドミノーの紹介と釣行記

welcome

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2014年 渚滑川⑦ 後編 9線 デジカメ水没  

DSCN0512.jpg
 『小熊ショック』から早く抜け出すべく再びC&R区間へ。
 『森のくまさん』などを歌いつつ車を運転♪
 さて、どこから入ろうかな~
 14線かな~12線にしようかな~
 いや、もっと下流のほうがイイかも(汗
 そんなワケで9線に決定。
 まだまだ『小熊ショック』から抜け出すには時間が
 かかるみたいです(笑
 砕石工場を横目に入川ルートを直進。
 どうやら他に車は無い模様。
 やっとゆっくり釣りができるわい。
 喜び勇んで草の生い茂った細道を早歩き。
 しかし、川が見えた瞬間信じられない光景が・・
 釣り人がおる~っ!(泣
 しかもカップル~ッ!(憧
 若いお二人が仲良~くロッドを振っておりまして・・
 中年オヤジの立ち入る隙は一切無し。
 仕方なく上流の釣れる筈の無いポイントにキャステ
 ィングしながら、しばらく様子を見ることに。
 すると彼氏がヒット。
 ここぞとばかりに二人に接近。
 『おっ!いい型が釣れましたねぇ』などと言いつつ
 記念撮影をしている隙を見計らってさりげな~く
 追い抜くことに成功(笑
 二人の世界を邪魔せんよう次のポイントへ直行ー。




DSCN0508.jpg
 釣行から約1時間。20cmクラスを数匹釣ったも
 のの、なかなか良型には恵まれず。
 時刻は12:00を過ぎ予報通りに雨がポツポツ。
 しかし、まだ気にならない程度。
 深場の流れ込みをダウンで攻めるもアタリ無し。
 ならば流れ込みを横切るようクロスにキャスト。
 軽くアクションを加えながらリールを巻いていると
 足元のカケアガリの直前でパクッ。ヒット~!
 40cmにはチョイ足りないナイスな38cm。
 この1尾でモチベーションも一気に上昇。
 


 次のポイントは倒木がアーチ状に川をまたいで
 おり、その下には大物がいそうな深場が。
 まずはダウンで倒木の下を探ることに。
 一投目。手前過ぎて失敗(恥
 二投目。飛ばしすぎて枝に付着(恥
 『sarasvati』の救出を試みるもかなり厳しい。
 引っ張れば尚更、枝にフックが食い込む状態。
 最後はラインブレイクでお別れの時間。
 お気に入りの1本だったので非常に残念(涙
 失意の中、カラーチェンジ。
 今度は下流からアップ攻撃。
 おっ、いい所に入った。ガツンッ!!
 うひょ~っ!!結構デカイ~ッ!!
 


DSCN0517.jpg
 慎重にやりとりし、顔を出したのは本日最大の44cm。
 これでロストした『sarasvati』も報われます(泣
 写真を撮り終えニジマスくんを川へ戻すことに。
 『もっと大きくなるんだよぉ』とムツゴロウさん的動物愛
 好心を抱きつつ前かがみになった瞬間、ポチャッ・・・
 デ・デ・デジカメがぁ・・・っ
 胸のポケットが閉まりきってなかったらしく、何とデジ
 カメ水没・・・
 慌てて拾い上げたものの、電源を入れると画面には
 レンズエラーの文字。
 結局、電源すら入らなくなりました(涙
 そんな騒ぎをよそにニジマスくんはユサユサと身体を
 揺らしながら流れの中へ帰っていきました。
 何とも浮き沈みの激しい釣りになってしまったわ。
 雨も強くなり、写真も撮れなくなったので戻ることに。
 途中、未練がましくポイントを叩いていると、雨で警
 戒心が薄れたのか良く釣れるもんでして。
 アタリすら無かった場所で35cmと40cmをゲット。
 40cmは元気者で何度も跳ねてくれました。
 イイ顔してたから写真撮りたかったな~
 チクショ~   では~
 


 使用ミノー
 『sarasvati』ダークブラウン/オレンジベリー
 『sarasvati』キンクロ/オレンジベリー
 


 にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
  にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 釣行記

tb: 0   cm: 6

2014 渚滑川⑦ 前編 鎮橋~大雄橋からの上流(熊登場)  

DSCN0503.jpg
 7月26日。久々の週末釣行。
 週末ともなると大勢の釣り人がこの川を訪れる
 ので、かなり苦戦を強いられそう(汗
 オマケに午後から雨の予報が・・・
 早いうちに結果を残したいワケでして。
 無難な所で鎮橋から入川。
 幸いにも一番乗り(喜 4:20釣行開始。
 先ずは橋脚付近のポイントを探ることに。
 橋脚下流側の石回りに付くニジマスを狙って
 数回キャスティング。本日の一尾目30cm
 をキャッチ。
 この調子で連続ヒットに持ち込みたかったの
 ですが、まさかの連続バラシ(恥
 アタリも無くなったところでチョイと移動。
 橋脚手前のコンクリート塊へ渡り上流の落ち
 込みにアップキャスト。
 高速で『sarasvati』を泳がせていると、白波の
 中から超高速の黒い影がガブッ(喜
 結構、暴れられましたが細身の42cmをキャ
 ッチすることに成功。
 早いうちに40オーバーが釣れて一安心。
 じっくり探ればまだまだ釣れるはず。
 すると、フライの年配カップル・・・
 しばらくしてルアーの兄さん二人組が入川。
 川はいきなり銀座モードに突入~。
 気が付けば二組に挟まれる状態に(汗
 さてイカガな物か・・この状況を打破せねば・・
 

DSCN0494.jpg
 熟考の結果、橋周りのポイントは捨てることに。
 そしてさりげな~く熟年カップルを追い抜くこと
 に成功(笑
 本来ならじっくり探りたいポイントも数箇所捨
 てて少し距離を置くことに。
 しかし、いくら距離を置いても他の釣り人が後
 に続くのは落ち着かないものでして。 
 なかなか集中できず、釣果も上がらず終い。
 最後は大雄橋側からやってきたルアーおじさ
 ん五人衆に遭遇。
 あっ。釣り上がる人もいること忘れてた(涙
 これでジエンド。
 一度もロッドを振らずに大雄橋までトボトボ
 歩くハメに。
 結局、朝方の2尾に小ニジを3尾追加のみで
 釣行終了。
 やはり週末のC&R区間はキビシイもんです。
 しかしながらこのままでは終われませんよ。
 時間は10:00前。
 まだまだ挽回可能な時間。
 ならばC&R区間は諦めて上流に行っっちゃお
 うかな~
 
 
 使用ミノー 
 sarasvati『』ライトブラウン/ホワイトベリー
 
 
 
DSCN0498.jpg
 と、言うワケで車を走らせ上流に移動。
 いつも行く場所よりも下流のポイントへ。
 農道を走りながら『え~っと。ここを右折だったかな』
 車を右折させ川へ通じる砂利道へ。
 すると、前方を塞ぐように何やら黒い小さな物体が
 ゴソゴソと・・・『何だろう?』
 『うわぁ~小熊さんだぁ~。かわいぃ~』
 『抱っこしてなでなでしてあげた~い(ハート』
 と、一瞬思ったものの『え?親熊はどこ?』
 と、思った瞬間一気に恐怖心が噴出(怖
 ふと奥を見ると、そこにもタジログ二人組。
 どうやら先に来ていた釣り人がいたようで。
 見知らぬ物体に挟まれた小熊はキョトンとした様子。
 こちらが動けば二人組に迷惑をかけそうな気がした
 のですが、道を開けなければと思い車をバック。
 すると驚いたのか小熊は一目散に藪の中へ逃げて
 行きました。
 熊は架空の生き物じゃなかったんですね(笑
 我々が熊のテリトリーに侵入してるワケですから
 我々が遭わないよう注意しなければいけないと痛感。
 皆さんも気をつけてね。
 しばらく上流には行けん(泣
 
 そんなワケで再びC&R区間に戻るハメに・・・

 つづく





 にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
  にほんブログ村

 にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
  にほんブログ村

category: 釣行記

tb: 0   cm: 4

2014 渚滑川⑥ 後編 トラウトダービー  

DSCN0488.jpg

 10:00大雄橋。
 実はこの日、いつもコメントをくれるゆきひろさんと
 同僚のウエダくんと一緒に釣りをする約束。
 で、ここで待ち合わせ。
 少し遅れて二人が登場~
 渚滑川の状況を説明し、即サクルー川へ移動。
 先ほどまで釣行していた場所より上流からの入川。
 丁度、トラウトダービーなる催しが渚滑川で行われ
 ていたので便乗することに。
 三人だけの非公認トラウトダービー開始(笑
 さて結果は如何に~
 と、張り切ったものの入った場所が悪かったのか
 なかなか釣れない(汗
 川の流れ同様どんよりした空気が漂い始めた頃
 それをを打ち消す事態発生!
 ゆきひろさんがやってくれました!
 いきなりの47cmヒット~
 何が嬉しいかって使用したミノーが『sarasvati』
 ってコトですよ(涙
 ゆきひろさん  GOOD JOB!!!
 名誉のために言っときますが私も20cmほどの
 を1尾釣りました。
 あ、この日釣れなかったのはウエダくんだけって
 コトですね(笑
 



DSCN0489.jpg

 釣り始めから鳴っていたカミナリが徐々に
 近づいて来たのでダービー終了。
 雨が降る前に車まで戻らねば・・
 しかし、時すでに遅し・・・
 帰り道、豪雨に見舞われ三人はズブ濡れ。
 体中の汗を全て洗い流してくれました。
 何とか車まで辿り着き、ここで二人とお別れ。
 新車を濡らしたくなかったので、暫く雨宿り
 していると、近くにあった電柱からバチッと
 音が・・・と同時に火花が散って・・・・
 ゴロゴロゴロゴロ~!!
 どうらや近くにカミナリが落ちたようで・・・
 速攻で車の中に逃げ込みました(汗
 カミナリ怖いっ・・電気怖いっ
 
 もっとコンディションが良ければゆっくり
 釣りができたんですけどね。
 これに懲りずにまた行きましょうね。
 お二人さん、おつかれさまでした。
 では~



 使用ミノー
 『sarasvati』ライトブラウン/ホワイトベリー




1405503572969.jpg

 今回はノーフィッシュに終わったウエダくん。
 普段はシッカリと良形を上げてます。
 ナント、兵庫県出身とのこと。
 『がまかつ』のお膝元、西脇市のお生まれ
 だそうです。


 ここで言うコトではないのですが皆様、
 火の元には充分、お気をつけください。




















  にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
   にほんブログ村

category: 釣行記

tb: 0   cm: 4

2014年 渚滑川⑥ 前編 サクルー川  

DSCN0476.jpg


 7月19日。今シーズン6回目の釣行。
 途中撤退が一度あるので、実際は5回目ですけど・・
 4:00現地到着。川を見てビックリ~!
 真っ茶っ茶~・・・聞いてないよ~(泣
 これじゃぁ釣りにならんわな・・・
 清らかな流れを求めて上流へ移動。
 しかしそこも真っ茶っ茶~・・・更に上流へ。
 ようやく濁りのない流れを発見したものの、
 こんな山奥、怖くて一人じゃ入れんわ(泣
 せっかく来たのに・・どうしよう・・・
 そうだ!サクルー川があるじゃないかぁ!
 てなワケで一縷の望みを託しサクルー川へ直行。
 しかし長年通っているにもかかわらず、この川での
 釣行はゼロに等しいワケでして(恥
 どこから入ったら良いのかも分からない未開の地。
 とりあえず車を走らせていると橋を発見。
 銘板にはサクルー川の文字。
 橋から川を見下ろすと濁りも増水も一切無し~(喜
 雨の影響はこの川には無かった様子。
 見た感じ結構、良さそうな雰囲気~。
 まだまだ自分にもツキがあるようで。
 早速、川に降りて釣行開始。
 さてその結果は如何ほどか。




DSCN0478.jpg


 小規模なヒラキでアップぎみにクロス。
 猛然とミノーを追いかけてきてパクッ。
 お腹パンパンのメタボな41cm。
 迫力ありましたよ。























DSCN0480.jpg


 ヒラキから落ち込みへアップキャスト。
 追いかけてきたもののヒットせず・・・
 ならばと上流へ回りダウン攻撃でヒット。40cm。
 木の下に潜られてバラシを覚悟したのですが、
 何とか釣り上げることが出来ました(ホッ






















DSCN0487.jpg


 落ち込みへのダウン攻撃で一発ヒット。
 流れと重なって一気に下流へ流されました。
 かなり重かった41cm。
 いい顔してるでしょ。
 と、言うワケで40クラスを3尾釣ることが
 できました(嬉
 他にもそこそこのが釣れましたが省略(笑
 もう少し続けていたかったのですが訳あって
 9:30釣行終了。
 その話は後編で。
 
 では~

 




 使用ミノー
 『sarasvati』ダークイエロー/オレンジベリー


 






  にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
   にほんブログ村

category: 釣行記

tb: 0   cm: 4

2014年 忠別川③ ダム下~志比内橋  

DSCN0465.jpg

 7月14日。
 約一ヶ月ぶりの忠別川釣行。
 あまり良い思いをしたことの無い川であり、しばらく
 遠ざかっていたこともあり期待よりも不安が大。
 昨日の雨も気になるところ・・・
 増水や濁りは大丈夫だろうか?
 まぁ、濁りは別として多少の増水なら大物も期待
 できるかも(喜 と、ここはポジティブ思考で(笑
 いざ入川すると雨の影響はほとんど無し。
 若干、水量が増えたのかな?と思う位で川渡りも
 問題なさそう。
 ならば今回はポイントの確認も兼ねて体力の限界
 まで釣り下ることに。
 そんな感じで4:00釣行開始~
 
 












DSCN0458.jpg

 しかし、鬼門の忠別川。
 なかなか釣れないっ(泣
 絶好のポイントに後ろ髪を引かれながら移動し
 やっと一尾目が釣れたのが6:48
 速い流れへのダウンでヒット。
 長かったよ~(涙
 一安心したところで小休止。
 おにぎりを食べながらケイタイでW杯の結果を確認。
 ドイツが勝利 へ~。
 特別、興味があるワケではないんですが時流に
 乗ることも忘れずにってことで(笑
 さてと釣行再開~
 すると先程の場所のちょい下でまたしてもヒット!!
 さっきよりも引きが強いかも。
 心に余裕が出来ると魚を呼び寄せるんでしょうか(笑
 32cmの元気なニジマスでした。
 いよいよ次は大物かぁ。
 しかし、この余裕もその後早々と終息・・・
 結局、この32cmが本日の最大になるワケでして・・・
 20cm前後を5尾追加したのみで10:30、約2km
 程下ったところで終了。
 車まで帰る足取りは非常に重かった&疲れた・・・
 





DSCN0464.jpg

 30分かけて車に到着(汗
 このまま帰ろうかとも思ったワケですが・・・
 まだやり残した感があり、もう一箇所だけ行くことに。
 帰り道、堤防を走り適当に入川。
 あまり良さそうな場所では無かったのですが、チョット
 下ってみるとなかなかのポイント発見。
 結局、2時間ほどで30クラス1尾と20cm前後4尾を
 追加。
 結果、二桁に乗せるコトができました(ふ~
 もっと忠別川を研究せねばと思う釣行になりました。
 待ってろ大物~

 では~








 使用ミノー
 『sarasvati』ダークブラウン/オレンジベリー






  にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
   にほんブログ村

category: 釣行記

tb: 0   cm: 1

2014年 渚滑川⑤ 後編 再び上流  

DSCN0450.jpg

 もちろん行ってきました。上流に。
 二匹目のドジョウ、いやニジマス狙いで(笑
 このままで終わるワケにはいかないもんで。
 いましたよ!二匹目が。
 しかも同じポイントでズドン!!
 一気に深場の岩下に潜られてかなり手こずりましたが
 何とかランディング(ほっ
 先週よりはサイズが落ちましたがパンパンに太った
 43cmに感激。
 引きは50クラスでした~(かな?
 次こそは絶対、50オーバーを釣りたいっ。
 では~











 使用ミノー
 『sarasvati』ダークブラウン/オレンジベリー



DSCN0445.jpg





 おまけ。
 アップに反応してアメマスが結構、釣れました。
 ミノーを追ってきて食うか食わないかの瞬間の
 スリリングさは、やはり面白い~。
 魚との駆け引きを充分楽しむことができました。




















  にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
   にほんブログ村

category: 釣行記

tb: 0   cm: 2

2014年 渚滑川⑤ 前編 C&R上流部  

DSCN0414.jpg

 7月9日。
 『W杯の準決勝を見るべきか、釣りに行くべきか』
 などと迷うことなく渚滑川へ。
 まぁ、後になってみればブラジルが連続失点する
 所をリアルタイムで見たかった気もしますが・・・
 W杯よりもDカップ位が好みの自分にとっては
 ヤッパ釣りですよね~(笑
 と、言うワケで渚滑川に到着。
 今まで釣行した場所はそろそろ苦戦を強いられる
 時期になったので、今回はC&R区間でも上流側を
 攻めることに。
 まずは12線から入川。ここも釣り人の出入りが
 激しい場所。しかし一番乗り。まぁ何とかなるだろう。
 結果、この自信がアダとなり散々な目に。
 最初のポイントで40クラスのチェイスはあったものの
 ヒットせず(泣
 その後2時間。いつかは釣れることを信じてポイント
 移動したものの、生命反応はまったく無し。
 まさかのボーズで撤退することに(涙
 早くこの悪夢から逃れたい一心で車に乗り込み更に
 上流へ。
 次に向かったのは14線と滝西堰堤の中間あたり。
 さっそくキャスティング。ゆっくトロ場を探っていると・・・
 グイ~ン。本日最初のヒットに狂喜乱舞。
 でも何かいつもと違うな~。
 慎重に手元まで引き寄せてみると、その正体は20cm
 程のアメマスでした(笑

DSCN0432.jpg

 とにかくボーズから開放してくれたアメマス
 には感謝感謝です!!
 その後、釣り下り同サイズのアメ、ニジが
 10尾ほど釣れた頃、落ち込みをダウンで
 攻めていると本日最大の強い引き~。
 今まで20cmクラスを相手にしてたので、相当
 な大物だと思ったのですが引き上げてみると
 以外や以外36cmでした。
 結局、この一尾がここで釣れた最高サイズ。
 その後、30オーバーを2尾追加。
 いや~結構歩きました(汗
 気がつけば、他の釣り人の足跡発見。
 これ以上釣り下っても釣果は望めず・・
 そろそろ潮時かな?
 しかし、30オーバー3尾のみ。
 このまま帰るワケにもいかないし・・・
 また上流行こっかな~(笑


 つづく



 使用ミノー
 『sarasvati』ダークブラウン/オレンジベリー





  にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
   にほんブログ村



category: 釣行記

tb: 0   cm: 0

2014年 渚滑川④ 後編 上流  

DSCN0411.jpg
 日も高くなり気温も上昇。
 オマケに渇水&釣り人の多いこと・・・
 川は激シブ状態(泣
 しかし、このまま帰るのはもったいない。
 C&R区間に見切りをつけて一発大物勝負で上流へ。
 滝西堰堤の上流もC&R区間に劣らないほど
 魅力的な場所です。
 川幅が狭くなる分、プレッシャーも高くなるのでしょうが
 極端に釣り人が入っているワケではないので良く釣れ
 ます。ここの魅力は何といってもいきなり大物が釣れる
 コト。結構、いい思いをさせてもらってます(喜
 早速移動し目的のポイントへ。
 いつもなら生い茂った木を掻き分け車を駐車するので
 すがさすがにそれは気が引けて橋から少し離れた道
 路わきの空き地に駐車。
 少し歩いて橋より入川。
 ここはかなり鬱蒼とした雰囲気がプンプン(怖
 川沿いに国道があるので通り過ぎる車の音が安心感
 を与えてくれますが、それでもやっぱり怖いっ。
 オマケに鈴も付けてないし(汗
 しかし、そんなことはお構いなしに釣行開始~









DSCN0408.jpg
 初めのポイントでアップ攻撃。
 すると大きな影が追ってくるのが見える~
 アクションを加え、食いつき期待。
 しかし食わない(泣
 その後、数投しても再び姿を現すことはなかったです。
 まぁそんなに簡単に釣れるワケないわな。
 ポイント移動を重ね久々のヒット。
 思いっきり引っ張ると20cm足らずのニジマスが空中
 遊泳。どうやらドラグを締めすぎてたようで(恥
 気を取り直してポイント移動。
 得意のダウンで探っているとガツン!!
 うひょ~!!
 のた打ち回る魚体に50オーバーを確信。
 やっとの思いで釣り上げ、先ずは記念撮影。
 さてと計測。計測。
 メジャーを鼻先に合わせて50・・・・
 げっ・・・47cm・・・
 何度計っても47cm。メジャーを引っ張っても47cm(泣
 50オーバーは次回へ持ち越しとなりました。
 しかしながら久しぶりにイイ顔、イイ色のニジマスと
 出会えることが出来て感無量。
 これが生きる活力になると言うワケでして。
 でも50オーバーだったらもっと良かったのにな~(涙
 では~
 

 使用ミノー『sarasvati』ライトブラウン/ホワイトベリー



  にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
   にほんブログ村

category: 釣行記

tb: 0   cm: 6

2014年 渚滑川④ 前編 3:30~12:00  

DSCN0395.jpg
 7月4日。約4週間ぶりの釣行(喜
 この日が来るのが本当に長かった(涙
 新車に乗って目指すは渚滑川。
 車の故障など心配するコトなく快適にドライブ。
 途中、セブンカフェを購入したりなんかして優雅な気分。
 うまいっ!うますぎるぅ~
 まぁ、皆さんもご存知かと思いますがオススメです。
 しかし、これが災いして急にお腹が雷状態(汗
 何とが道の駅に辿り着き、シートを汚す事態は
 避けられました(笑
 心もお腹もスッキリすれば釣りに集中するのみ。
 まだ夜が明けきる前に大雄橋に到着。
 何分、新車なもんで無難な場所を選びました・・・
 
 チャッチャと着替えを済ませ入川。
 丁度、明るくなってきたので使用ミノーの泳ぎの
 確認も兼ねて橋脚付近にキャスティング。
 するといきなりのヒット!うひょ~!
 しかも結構な引き。
 記念すべき1尾は37cm

 今日も大爆釣間違いなしかも(嬉








DSCN0403.jpg
 でもそんなに甘くはないんですよねぇ。
 久しぶりに訪れた渚滑川は結構な減水状態・・・
 前回の爆釣ポイントもチャラ瀬になってました。
 当然プレッシャーも高いワケでして。
 なかなかガツンと食ってくれません(泣
 ならば脚で稼ぐしかないかと・・・
 水が少ない分、川渡りも楽ですし。
 次の入川ポイントまで釣下ることを決意!
 早めにポイント移動しながら30オーバーを4尾追加。
 (最高40cm→)

 ヨッシャこれからだと気合を入れたのも束の間。
 下流からやってくるフライの釣り人(二人)発見。
 満足できる釣果は望めないのでこれにて終了。
 戻るついでに二人と平行して釣ることに。
 ここで負けず嫌いの虫が騒ぎ出し、見落としていた
 小さな落ち込みにダウンキャスト。
 30cmオーバーを連続ヒットさせ、意気揚々と退散。
 人間が小さくてスミマセン(汗
 

 
 

 



 
 
DSCN0404.jpg
 その後場所移動するも、行く先々に先行者が。
 この時期、二番手三番手では結果はみえみえ。
 ニジマスの気配すら感じられない・・・
 30オーバーを1尾追加するのがやっとでした。
 この時点で30オーバー7尾。
 小さいのも含めて12~3尾ってトコ。
 時間はまだ12時前。さてどうしようか・・・
 もう少し粘ってみるべきか・・・
 それとも帰ってビール飲もっかな~
 なワケないよね~(笑

 つづく











 使用ミノー
 『sarasvati』ダークブラウン/オレンジベリー





  にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村

  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
   にほんブログ村

category: 釣行記

tb: 0   cm: 3

新車デビュー  

DSCN0385.jpg
 川から遠ざかって三週間・・・
 ついにこの日がやってきました(喜
 これでやっと釣りに行けるぅ(涙
 デビュー戦は7月4日に決定。
 行き先はもちろん渚滑川(笑
 今回は悪路を避けて行こうかと・・・
 しばらくは新車の気分を味わいたいので。
 まぁ、そう思えるのも今のうちですけど。
 釣り始めたらそんな事忘れちゃいますから(笑
 結果は後日、報告します。
 あとは川のコンディションが良いコトを祈るのみ。
 では~






DSCN0387.jpg
 中はこんな感じです。
 後部座席を倒してフラットにできるのですが
 何だかもったいない気がして・・・
 手前に釣り道具、後ろにキャンプ用具を積んでます。
 ただ、焼肉用の七輪だけは積むスペースが無かった
 ので降ろしました(残念
 この先ゆっくり収納方法考えます。























  にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
   にほんブログ村 

  にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
   にほんブログ村

 
 

category: 道具

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。